• 1748723時間無事故無災害

    無事故無災害への取り組み

  • 無事故日数を更新中

    北川工業株式会社では、従業員や取引先への安全を厳しく管理しています。

    ここで言う厳しさとは、皆さんを守ると言うこと。

    安全管理は毎月、専門部署による安全パトロールにて

    現場の安全をしっかり管理しています。

    工事の現場は危険と隣り合わせ

    私たちの工事現場は常に危険と隣り合わせ。怪我や重大事故を起こすことはある意味簡単です。

    北川工業では30年を超える実績と経験を元に、細かなところまで安全に配慮しています。

    例えば上の写真の現場では、ドライバー一本落としても重大事故に繋がります。

    その為足元には、ゴム製の仕切りを作り、落下物が作業者に当たらない工夫をしています。

    もちろん法律で定められた基準を元に、プラスαの安全対策をしています。

    新聞に掲載されました

    毎年行う安全大会

    2019.7.20 「令和元年度 北川工業株式会社 安全大会」が来賓・協力業者・社員合わせて、約150名が出席し行われました。

    主催者挨拶(写真①)、来賓の挨拶(写真②)、安全表彰(写真③④⑤)

    [今年度は「指差呼称模範者」3名にブルーのヘルメットが送られました。(写真⑥)

    北川工業株式会社の安全スローガンは「 危ないと 気付いた人が責任者 止める勇気に 事故は無し 」(写真⑦)です。]、今年度の安全管理計画の説明、全国建設産業教育訓練協会 富士教育訓練センター専務理事 菅井文明氏の講演、安全宣言等(写真⑧)が行われました。

     

    大会終了後に開かれた懇親会では、現場が離れて普段会えない仲間や協力会社の方々との歓談に、明るい笑い声や笑顔が会場にあふれていました。(写真⑨)

  • 特集

All Posts
×